社葬はこのような流れで執り行います

社葬と言えば、その会社の創業者や会社に大きな業績をもたらした人など、会社に対する貢献度が高い社員または元社員が亡くなった際、会社が施主となり執り行う葬儀・告別式のことです。
多くの人が亡くなった際に執り行われる一般葬は配偶者又は子供などの遺族が施主となりますが、社葬の場合はどのような点が異なるかご存知でしょうか。
まず喪主は社葬の場合でも遺族が務めます。一般葬の場合も喪主は遺族が務めますが、一般葬は喪主が主体となり全てを取り仕切りますが、社葬の場合は喪主は存在するだけで、実際の準備作業は遺族は執り行いません。多少の意思確認などでは関わる場合もありますが、一般葬のように遺族が直接葬儀社と打ち合わせをしたり、なにかの決め事をしきったりということは一切行いません。
では、具体的に社葬はどのような流れになるのでしょうか。

式を行う前に準備されるべきこと

まず、実際の流れの前に、社葬を執り行うことになった場合の準備について知っておく必要があります。
一般葬の場合は近い遺族が喪主となり、直接葬儀社と打ち合わせをしながら故人に対するお葬式全般を準備していきます。
しかし、社葬の場合は準備一式は会社が取り仕切るため、まず取締会で社葬実施の決議が取られます。過去に社葬の前例が無い場合は、社葬に関する社内規定の整備が行われます。
同時に葬儀委員会が設置されますが、具体的には総務課が兼任し、委員に就いた社員により葬儀社が決定され、具体的な打ち合わせが成されます。
実際に準備を行うのは葬儀委員たちですが、その上の社葬の最高責任者である葬儀委員長は会社の代表が務めることが多く見られます。
会場の準備、来賓の準備と社外への通知など、実務作業が葬儀委員によってなされます。

社葬当日の具体的な流れについて

そして実際の社葬の流れですが、開始1時間ほど前から受付を開始し、参列者に失礼のないよう受付を行います。
葬儀委員長、喪主、親族が着席し、司会の開会の辞があり、導師の入場、紹介がされます。
読経、導師焼香の後、弔辞拝受、弔電紹介、そして喪主の挨拶があります。
その後、読経が行われ、葬儀委員長、親族、参列者の順に焼香を行います。
参列者は取引先、一般参列者、社員、葬儀委員係の順に焼香を行います。
導師が退場し、閉会の辞により終了となります。
このように流れとしては一般葬とあまり変わりはありませんが、多くの場合は社葬の前に遺族だけで密葬を済ませている場合も多く、その際には読経や焼香といった故人を弔う儀式が執り行われるものの、形式的な意味合いとなります。
また、社葬の場合は参列者の中で焼香を行う順番のマナーがあるので注意が必要です。